FIFAクラブワールドカップ2008 FINAL おやじランナーのマラソン完走・・・予定の日記

おやじランナーが様々な欲望と戦いながらフルマラソンを完走(予定)するまでの日記


ホーム > スポンサー広告 > FIFAクラブワールドカップ2008 FINALホーム > 食欲 > FIFAクラブワールドカップ2008 FINAL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FIFAクラブワールドカップ2008 FINAL

ガンバおめでと~
トヨタFIFAクラブワールドカップ、昨年に続きアジアの、日本のチームが3位入賞です(^^V
まだまだ、上の欧州と中南米地区との差は歴然かも知れませんが、歴史も違うし、日本のチームの急成長は近い将来に勝手な夢を抱かせてくれます。
トヨタさんのお陰で、世界一のチームの真剣勝負を、日本国内にいながら生で見られるチャンスを貰っているのも大きいですね!
(来年はUAEでの開催ですかぁ~残念。トヨタさん、大変なご時世ですが、2011年以降もよろしくお願いします。)

それにしても、マンチェスターユナイテッド、びっくりですね!
あのパワー、スピード感、連携、アイデア、もう芸術的!
リガ・デ・キトも集中力というか、この一戦にかける執念というか、鬼気迫るものがありましたし、しっかり守って一撃必殺のカウンター!攻めまくられている様で、リガ・デ・キトのプラン通りでもあったのかもしれません。
このあたり、選手のメンタルも含め、日本のチームとの試合では出せない空気を作ってましたね。

しかし、むかしジーコが日本監督の時に再三に亘り言っていた「シュートの正確性」って、今日の試合を見てよく分かりました。
なんで、あんな早いパス回しやダイレクトの中で、強烈なシュートを枠の中に飛ばせるのか?大勢のチェックを受けながらも正確に枠の中に飛ばせるのか?
ルーニーなんか、どこを向いて蹴っても全部ゴール枠に飛ぶんじゃないかと思えるくらい(^^;
今日は、両チームキーバーの神懸り的なセーブ連発でしたけど、お互い4~5点ずつ取ってても良いほどのシュートが飛び交ってました。
それでも結果は、最後までハラハラドキドキの緊張感を保ったまま1-0でマンUの勝ち!
う~む、良いものを見させていただきました。

いつか、近い将来。日本のチームもこの決勝戦の舞台に立って、同じ緊張感あふれる試合を見せてくれる事を信じています。

3位決定戦 パチューカ vs ガンバ大阪  [ 0 - 1 ]前半29分、橋本からのパスを播戸がダイレクトの浮き球で相手DF背後へ、そのボールをトラップなしで山崎がシュートし、ガンバ先制。前後半通してガンバは何度かのシュートチャンスもあり、枠へ跳ぶシュートもあったものの、パチューカGKカレロの好セーブに遭い、得点は1点のみ。パチューカにも何度かチャンスはあるものの、モノにできず、結局、山崎の1得点が決勝点となった。この...
FIFAクラブワールドカップ2008 FINAL








スポンサーサイト
[ 2008/12/22 00:19 ] 食欲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

eenya

Author:eenya
限りあるお小遣いと、限りない物欲のギャップに悩むサラリーマンです。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。